FC2ブログ

✧BAT✧MENS‘✧

Sims3をまったり遊んでますヾ(´ω`)ノ

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#4


Edit Category Story > J✧R✧I✧M
Screenshot-91.jpg

Screenshot-34.jpg

ある日、ネットで動画を漁ってた時たまたま見かけた動画に釘付けになった
全裸で大事な部分に葉っぱ一枚で踊る男たちから目が離せなかったんだ…。

俺は思った、シンガーを目指す俺としてこの人達は斬新で新鮮に映る
…自分はなんてちっぽけな発想しか浮かばないんだ、そうだ!リスペクトしなければ!!

気づけば俺は裸に葉っぱ一枚で踊っていた。

Screenshot-100.jpg

…何で気が付かなかったんだ…今更後悔しても遅い…
気づけば、気まずそうに俺を見つめる一つの影があった。

Screenshot-57.jpg

J「…あ…いや、お前コレは違うから! そんなんじゃないから!」
R「………あ、何か邪魔してゴメン」

そう言って俺の部屋から出ていく奴に俺は何も言えなかった…
今度から鍵は掛けよう、そう心に誓った俺の頬から大量の汗が流れていた。

-別の日-
Screenshot-35.jpg

その日、俺はお気に入りの『サ○ス○ーク』を堪能していた
俺はこのアニメが大好きで何回見ても大爆笑必須の代物だ。

特にこのOPは頭に残る
一通り楽しんだ俺は、余韻を残しつつタバコを吸いにリビングに向かった。

…何故気が付かなかったんだ…自然にOPを口ずさんでた事に…
しかも、聞かれたら一番マズイフレーズをリピートしていたなんて。

Screenshot-98.jpg

I「………知ってた」
J「は!? いやこれあれだから! そんなんじゃないから!!」

苦笑いしながら去っていく奴の背中を見つめながら俺は思った
今度から、歌は選んで歌おうと…。


Screenshot-99.jpg

後日、俺の部屋の前に三人からのプレゼントが置かれていた…。
俺が半泣きでそのプレゼントをそっとクローゼットに仕舞い、三人に説明周りに行ったのは言うまでもない。

三人は口では「わかってる」と言いながら顔は笑ってなかった…。
何これ死にたい………。
img_888772_22830413_5.gif





スポンサーサイト

Newer Entry#3

Older EntryCC作り隊。

Comments

 
 シムサーチから来ましたッ! はじめまして

投票コーナーに投票がしたくて 読ませてもらってたんですが、だめだw JACKとMIどっちもタイプで迷う(*´д`*)  MIの性格と見た目ともにモロタイプなんですが (一目惚れです)
ここに来てJACKの少年のようなアホっぷりw(ごめんなさい)やばい(/ω\*)
 
リンク貼らせて頂きました!  ちょっと落ち着いたらまたきますww

 


 
09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

08 10


 
プロフィール



簡単プロフ
名前:HARIKA
性別:♀
誕生:7月31日
血液:A型

 
✔カテゴリー
 
 
✔投票コーナー(仮)
 
カウンター
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。